大阪、歌舞伎町共に、メンズキャバクラはほとんど存在しません。つまり、メンズキャバクラの求人はほとんど存在しないのです。

 

「メンキャバ求人」と調べても、2019年現在ではほとんどお店がありません。

メンキャバとは?

言葉の語源はメンズのキャバクラ=メンキャバという流れですが、一般的にホストクラブがその変わりであり、メンキャバ!と打ち出しているお店はほとんどありません。

 

大阪のミナミだとホストクラブ以外の形態を探す方が難しいです。つまり、メンキャバで働こうと思ってもお店がない、求人を募集していないというのが実情です。

メンキャバ求人がほとんど存在しない理由

メンキャバ=基本的にはホストクラブと同じなので、それなら「ホストクラブ」と打ち出した方がお客様も安心してお店に通えるので、ホストクラブの方が必然的にお店が多くなります。

 

また、ボーイズバーなどのお店は単価が安いので、繁華街で経営を成り立たせるのが非常に難しく、長期的に運営しているお店はほとんどありません。

 

昔は多くあった格安のボーイズバーやメンキャバもほとんどが潰れているのが現状です。

メンキャバ求人よりもホストの方が良い理由

ホストクラブの方が圧倒的に稼ぎやすい仕組みが構築されています。レギュラーで働く人はもちろん、アルバイトで働く人も給料が50万円を超えている大学生もいます。

 

特に歌舞伎町や大阪ではホストに対する需要が非常に多いので、男性が水商売をするならホストクラブがおすすめと言えるでしょう。

 

新人、未経験だと最初の1ヵ月-3ヵ月程度は歩合給を貰えないことも多いですが、数ヶ月後には給料が数百万円貰えるチャンスがあるのがホストクラブです。

ホストクラブの良くある誤解

ホストのイメージは長髪でスーツ!というイメージを持っている方も多いと思います。時代の流れと共に確実に働く人、客層も少しづつ変わりつつあります。

 

昔のようなアンダーグラウンドな世界ではなく、働きやすい、遊びやすい業界へと確実に変わっています。

 

お酒を強制されるという誤解

 

ヘルプだと無理やり飲まされると心配している方も安心してください。今はノンアルコールだけで給料を100万円以上稼いでいるホストもいます。

 

暴力がある誤解

 

暴力をした人に罰金を科しているお店が多く、99%暴力はありません。一般社会でも100%暴力がなくならないのと同様で、あえて99%という記述をしています。

 

100%に近い99%確率で暴力はありません。

 

アルバイトはできない誤解

 

大学生のアルバイトが歌舞伎町、大阪で増えています。空いた時間を生かしてお金を稼いでいます。歌舞伎町だと月の歩合給が500万円を超えているホストもいます。

 

メンキャバ求人で探している方ならホストクラブも検討してみてはいかがでしょうか?

 

稼げない誤解

 

ホストクラブは稼げない!という印象を持っている方も多いと思います。キャバクラのように高時給が保証されている業界ではありませんが、稼ぎやすい環境は整っています。

 

また、努力ができる人なら例外なく稼ぐことができるでしょう。運の要素もありますが、それ以上に行動できる人が稼げる業界です。

 

歌舞伎町ホスト求人.comに無料相談はこちら↓