ホストクラブの独立を考えている方はこちらの記事をご活用ください。基本的にホストは長く続けられる仕事ではありません。人気が出ている時こそ、「独立」を考えるのが得策と言えるでしょう。

 

しかし、水商売で独立することは基本的に難しいので、やり方を間違えれば大変なトラブルに発展します。

 

独立を上手に行い、成功する為のノウハウを解説します。

ホストクラブの完全独立は基本的にNG

ホストクラブは基本的に「独立はOK」でも「完全独立はNG」としている店舗が多いです。

 

具体的に言うと、今まで売れたのはグループ企業のおかげなので、独立をするにしても、グループ内で行なって欲しいというのが本音です。

 

完全独立を行いたい場合は「移籍」を行なって、少し経過をみてから「完全独立」という方法があります。

 

しかし、今働いている店舗を裏切るような形で独立をするのは辞めておいた方が良いでしょう。

 

オーナーと期限を決めて、完全独立の交渉をするのが一番適切な流れです。

 

※ホストクラブの経営を考えている方は、ホストキメキまでご連絡ください。求人、新規顧客の獲得まで幅広く対応することができます。

フランチャイズを利用した独立方法とは?

実は売れっ子ホストが独立をしている時は「完全独立」ではなく、フランチャイズ形式で独立をしている場合が多いです。

 

フランチャイズとは今働いているグループの中で独立をするということです。

 

フランチャイズとはグループの看板、ノウハウを貰う代わりに、売上の数%をロイヤリティーとして支払う方法です。

 

ホストだけではなく、一般企業もフランチャイズ形式を行なっている企業が多いです。

 

コンビニエンスストア

学習塾

飲食店などもそうです。

フランチャイズのメリット

水商売だと、一番トラブルが少ない独立の方法がフランチャイズです。

 

お店のノウハウを貰うことができるし、トラブルを未然に防ぐことができます。

 

既にホストクラブを経営している社長からノウハウを貰うことができるので、成功する確率が高くなります。

 

お客様からしても、知っているホストグループ内からお店が出れば安心してお店に通うことができます。既に信用力、ブランド力が付いているからです。

 

一般企業を例に出すと、

 

コンビニを開業するときに、自分1人で仕入れから、商品の発注、企画、経営、求人、広告などを行うことは至難の技です。

 

それなら「サークルK」「7イレブン」「ローソン」などの協力を得て独立をする方が成功する確率が高くなるでしょう。

 

グループ会社に属することになるので利益を100%貰うことはできませんが、トータル的に考えると総利益が増えていることが多いです。

フランチャイズのデメリット

フランチャイズのデメリットは「売上の数%」のロイヤリティーを支払うことです。

 

しかし、表面的には利益が減るように見えますが、必ずしも受け取る利益が減るわけではありません。例えば下記の例をご覧ください。

 

A店舗:完全独立 売上2000万円 利益600万円

 

B店舗:フランチャイズ独立 売上3000万円 粗利益900万円 ロイヤリティーは売上の3%=90万円

 

A店舗のトータル粗利益は600万円に比べて、B店舗の粗利益は810万円です。

 

完全独立をするよりもお店の経営をすることができますし、既に成功しているノウハウ、経営方法、広告運用、ブランディングなどを考えれば、フランチャイズ独立をした方が稼げる可能性があります。

 

このように、独立をする時には完全独立を!と考えている方も、トータル的に考えてみてはいかがでしょうか?

 

必ずしも完全独立をすることだけが成功の方法ではありません。

ホスト独立に成功する人の特徴

成功させる自信がある

大前提として絶対に成功させる自信がなければ成功しません。成功する為のアイディアは誰もが簡単に思いつくことができます。

 

あとは実行できる力と行動力、何よりも精神的な強さが必要でしょう。

 

成功している社長は「根拠のない自信」を持っている人が多く、どっしり構えられている人が成功します。

先輩・後輩から慕われる

ホストで売れるためにも必要な要素ですが、プレイヤーは別に他のホストに嫌われていても売上が上がればお金を大きく稼げる人がいます。

 

実際に従業員から嫌われているけど、給料をガッツリ稼ぐホストは昔からいます。

 

しかし、経営者になれば従業員が付いてくるような社長でなければ厳しいでしょう。従業員が辞めていくようだとお店の存続が厳しいです。

戦略的に経営をすることができる

経営をするならトータルてお店のお金を管理する必要があり、お金の使い方次第でお店の売上、存続が決まります。

 

お店を出す場所、広告戦略、求人、幹部、経営方法、お店の方向性、ブランディング、従業員との関わり、など。

 

プレイヤーとは全く違う部分のスキルが求められます。

 

センスがない経営をしてしまえば半年、1年後には全く人が入っていないホストクラブになってしまいます。

 

貯金を崩して、借金をして、結果的にはホストで稼いだお金をホストで失うことがあります。

従業員とお客様の満足度を高めることができる

ホストクラブの経営は「従業員満足度」「お客様満足度」の2つを高める必要があります。

 

従業員満足が100点

お客様満足が10点。

 

一時的にお店が流行ったとしても、半年後にはお客様が減っているでしょう。この2つの満足度を高めることは非常に難しいですが、何をすればトータルで上手くいくか考える必要があります。

ホスト独立に失敗する人の特徴

自分1人の利益しか考えていない

経営は経営者だけのことを考えていればお店が上手くいきません。従業員から好かれない、付いてこない。お客様から嫌われるような経営者は間違いなく失敗します。

従業員・幹部が育たない

経営の軸は間違いなくお店で働く「幹部」です。幹部が育ってくると自分が何もしなくてもお店が回るようになります。人材育成、幹部の育成が経営を上手くいかせるポイントです。

戦略的な経営手腕を持っていない

プレイヤーで売れたから独立!というのは非常に安易的な考え方です。プレイヤーとは全く違う仕事力が求められるので、経営知識、人間力を持っていなければお店が潰れます。

ホストクラブの独立まとめ

歌舞伎町でホストクラブを開業するなら最低限でも3000万円-5000万円程度の準備資金が必要です。

 

一般的には5000万円-1億円弱のお金がトータル的に必要だと言われているので、失敗すれば資産を大きく減らしてしまう可能性があります。

 

しかし、成功すればプレイヤーのように毎日出勤することなく、年収1億円以上を稼げる可能性があります。

 

プレイヤーで成功する人は、独立をしても成功しやすいので、単純に自分に入ってくるお金が増えます。

 

しかし、水商売は少しのミスが致命的な失敗に繋がるので、ハイリスクハイリターンであると考えておくと良いでしょう。