大阪、歌舞伎町共に、ボーイズバーの数が減ってきています。求人に応募をしようとしてもなかなか良いお店が見つからないと考えていませんか?

 

この記事ではボーイズバーで働こうと考えている方にボーイズバーの実態や、思っているほどアンダーグラウンドではないホストクラブに関する情報をお伝えします。

ボーイズバーの需要が少ない

基本的にボーイズバーという需要が少ないという現状があります。バーカウンター越しに話をしてお酒を飲むなら、ホストで飲んだ方がお得!と考えている女性が多いです。

 

また、相席屋ができたことで、一般人の男性と無料で飲める環境が生まれたことも大きいです。無料で出会いをゲットできるし、さらには高級版の相席屋みたいなものも生まれているので、ボーイズバーでお金を払って飲む人が極端に減りました。

ボーイズバーは稼げない!

ボーイズバーで稼げる人はホストで働いても稼ぐことができますし、ボーイズバーは基本的に大金を稼げる仕組みではありません。

 

顧客単価もほとんど決まっているので、稼げても時給で2000円前後です。一般的には1000円程度のお店も少なくありません。

 

システム、時代の流れ的にボーイズバーの求人に応募をするのはもったいないと言えるでしょう。また、バーで働くなら、普通のバーで働くほうがお酒を学ぶことができるし、お客様の層も幅広いので良い出会いを手に入れやすいです。

ボーイズバーの求人応募をするならホストがおすすめ

ホストクラブで働くイメージを下記のように思っていませんか?

 

ホストクラブはイケメンじゃないと売れない

ホストクラブはお酒を大量に飲まないといけない

レギュラーじゃないと働けない

 

実際には大学生でも空いた時間を利用して月給50万円以上稼ぐホストが増えてきています。ボーイズバーで低単価の時給で働くよりも、歩合給で稼げる魅力があるホストクラブも選択肢の一つに入れてみてはどうでしょうか?

 

ホストはお酒を飲まないと稼げないという誤解!

昔のように強制的に飲ませるお店はかなり少なくなっています。中にはノンアルコールだけしか飲まない、ヘルプでもお酒を飲まないホストもいます。他に貢献できるポイントを見つけて、売上を上げられるようなら無理にアルコールを摂取する必要はありません。

 

お店からすると、お酒を飲むホストを求めているのではなく、売上を上げてくれるホストを求めています。お店や従業員の方の理解があって初めて成り立ちますが、ノンアルコールで№1を目指すことも可能です。

 

ボーイズバーもホストも基本的に仕組みは同じ

ボーイズバーもホストクラブも基本的には歩合給で稼ぐ仕事です。どちらが稼ぎやすいかといえば間違いなくホストクラブです。何故なら双方で顧客のターゲット層が大きく違うからです。

 

大金を使う女性は間違いなくホストクラブで遊んでいる率の方が高いです。ボーイズバーで数百万円のボトルを注文する人はほとんどいません。

 

歌舞伎町やミナミのホストクラブなら毎日のようにどこかで高級シャンパン、高級ボトルが注文されています。顧客単価の違いから、稼ぐならホストクラブの方が効率が良いと言えるでしょう。

 

歌舞伎町ホスト求人.comに無料相談はこちら↓