ホストクラブの面接は絶対受かると思っているあなたは大間違いです。人手不足が足りないと言われているホスト業界でも当然面接に落ちることがあります。お店のレベルが上がれば上がるほど面接の合格率は低くなります。

 

各店舗によって面接の基準や合格基準は様々ですが、ここでは一般的なホストクラブがどのような人を採用するのか?ということについて解説をしていきます。

ホストの面接に受かる人・落ちる人の違い

各地域やお店の規模感によって異なりますが、ある一定の基準を設けているホストクラブが多いです。

 

ここでは一例を紹介します。

アルバイト感覚で働く人は採用しない

アルバイトを積極的に採用する店舗が増えている一方で、「レギュラー」だけを募集しているお店もあります。

 

これは経営の方向性の違いなので、アルバイトの方はお店を選ぶ必要があります。

 

もう1つの考え方として、レギュラーとして働く人はレギュラーだけのお店か、アルバイトを採用しているお店か?

 

どちらが良いのかという疑問が生まれますが、結論から言うとレギュラーの人が活躍をしているお店を選びましょう。

 

バイトが多いお店はレギュラーへの負担が多いので、レギュラーで働く人が8割以上いるお店がおすすめです。(当然例外もあります。)

言葉使いができない人は採用しない

綺麗な敬語である必要はありませんが、言葉使いが汚い、先輩に対して「お前」とか言う人は論外です。

 

水商売は縦社会がきっちりしているので、対応できないなと思われれば有望でもお断りするお店が多いです。

 

また、最低限のルールや常識が無ければ採用されません。

 

時間を守れない、ルールを守れない、先輩に対して敬いがないなど。社会人としての常識を求めているお店が増えています。

 

なぜならそういう配慮ができなければ結局はお店の売上に貢献できないからです。

 

女性は細かいところまでホストを見ています。ホストのキャラにもよりますが、最低限の常識が無ければ誰も指名しません。

やる気を感じられない人は採用しない

最低限の目標として月収50万円以上は稼ぎたい!と伝えるようにしましょう。100万円でも少ないぐらいです。

 

何故なら目標を高く置けない人はお店のお荷物になるからです。また、月収20万円ぐらい稼ぎたいのであればホストである必要がありません。

 

何故お金が欲しいのか?

稼いで何をしたいのか?

やる気はどれぐらいあるのか?

最低でもこれぐらいは納得できる答えを出せるのがおすすめです。

理由はなんでも構いません。

高級時計が欲しい。

良い車に乗りたい。

お金持ちになりたい。

人によっては目的は様々なので、あなたが思い描く理想を語りましょう。

ホストの面接に関する良くあるQ&A

デブでも働けますか?

 

働けますが、限度によります。また、それを補う何かが必要です。

 

イケメンじゃなくてもOKですか?

 

もちろんOKです。イケメンはあくまでも武器に過ぎないので、他の武器があれば働けます。

 

お酒は飲めなくても大丈夫?

 

ノンアルコールを推奨してくれるお店もあります。

 

どこのお店で働くと良い?

 

ホストキメキにご相談ください。

結論:ホストはやる気が無ければ受からない

どの仕事もそうですが、明らかにやる気がない。お店の雰囲気と合わなければ不採用です。

 

何故なら、ホストは大変な仕事なのでやる気が無ければすぐに辞めていくからです。

 

やる気はあります!絶対続けます!と言っていても大半はすぐに辞めていきます。

 

メディアに取り上げられた綺麗なところしか見ていないので、現実を知ると辞めていく人が多いです。

 

こちらの記事は必ず読んでおいてください↓

【保存版】マジでホストが大変なところ6選!99%の人が勘違いしているリアルな現実と幻想とは?